飲み屋でモテる男性の条件

どこで差がつく?飲み屋でモテる男性の条件

アルコールも入って、ワイワイ楽しく可愛い女の子たちとおしゃべり。
日常のストレスや仕事の悩みから解放されるガールズバーやキャバクラでのひと時は、何かと多忙な男性にとって大切な時間ですよね。

でもその楽しみ方、あなたの「独りよがり」になっていませんか?
もしかしたら、女の子たちはあなたのお酒の飲み方や振る舞いにドン引きしているかも!

お仕事の場とはいえど、夜の世界で輝く女の子たちだって、せっかくあなたとお酒を飲むならその場を楽しいものにしたいと思っています。そしてお客様であるあなたも、せっかくならお気に入りの女の子にとって好感度の高い「素敵なお客様」になりたいはず!

今回は、飲み屋でモテる男性の条件を伝授します!

いきなりすぎる性的アピール厳禁!紳士的な振る舞いを

女の子がドン引きしているにも関わらず、お酒の力を借りてやってしまいがちなのがコレ。

「いやいや、そんなの分かってるし」というそこのあなたも、無意識にNG行為をしている可能性があるので要注意です。

「だって女の子のお店じゃん」と、ついつい女の子にベタベタ触ったり、会話の中に唐突に下ネタを放り込んで口説いたりしていませんか?

女の子の考え方はとっても繊細なんです。仮に、女の子の方がフレンドリーな性格で、軽いボディタッチを挟んで会話をしてくるタイプの女の子だったとしても「向こうから触られるのは嫌!」と思っているケースも。距離感が定まっていない間柄の内は、あなたの方から不必要に触れるのは避けるのがベターです。

また、初対面に近い相手に「どMでしょ?俺Sだから相性良さそうだね」「見た目がエロくていいね!彼女になってくれない?」なんて言われても、女の子側があなたの言葉に抱く印象ははっきり言って「ただの酔っ払いの戯言」。例えその場は一瞬だけ盛り上がったとしても「モテ」にはつながりません。

お酒の席上「SかMか問題」は確かにネタにはなりやすいのですが、勝手な決めつけや、性的な方に話を流していくのはNG。また、女の子の容姿を褒めること自体は決して悪いことではないのですが、これも性的な要素を多く含んでいると、たちまち「モテ」からはかけ離れていくことに。

「モテ」を意識するなら、まずはいかなる場合でも紳士的であることが必須なんです!

 

自分や相方の“適量”を知ってスマートに飲む!

ガールズバーにしろ、キャバクラにしろ、たくさんお金を落としてくれるお客さんが嬉しいお客さんであることに間違いありません。でも、自分の限界値を超えてまで飲み続けて泥酔したり、女の子の体調を無視してまで飲ませようとしたりするのは、「モテ」以前に、嫌われる原因に。

仕事や居住地などの都合で、こまめにお店に通えるわけではない場合、1度の来店でたくさんお金を使って印象づけたい気持ちもわからなくはないのですが、必ず肝に銘じておくべきなのが「自分の適量」を知っておくこと。酩酊状態で女の子に絡むのは、絶対にやってはいけないことの一つです。

また、自分の限界値は経験則で分かっていても、意外な落とし穴になりがちなのがいわゆる「連れ」の飲み方です。せっかくのアフターのお誘いも、泥酔した友人の失礼な言動でおじゃんになったり、介抱に時間を取られて楽しめなかったり…。という残念なトラブルも割と多く耳にします。

友人と連れ立って来店する場合は、あなた自身の飲み過ぎはもちろん、友人の飲み方にもそれとなく注意を向けておきましょう。

さらに、女の子の体調にも十分に気を配ってあげたいところ。もちろん女の子は仕事上、限界を超えてまで飲み過ぎるようなことはないようにしていても、実はちょっと無理をしている時もあるかもしれません。そんな時は飲む量やドリンクの種類の判断は女の子に任せて、飲みたいものを飲んでもらい、さりげない気遣いや優しい言葉を添えると印象アップ!

 

システムを理解して見返りは求めない

「モテるお客様は必ずしも太客ばかりではない」というのが実は女の子たちの本音。

女の子への指名や、ボトルキープetc…。お気に入りの子の成績や売り上げに貢献したいと考えるなら、やみくもにお金を使うよりも、あなたにとっても女の子にとっても効率的で喜んでもらえる飲み方が必ずあります。そのためにはお店ごとのルールやシステムを理解しておくことが大切。

もし、「システムが複雑すぎてよくわからない」という時は、素直にどうしたら良いのか、スタッフに直接聞く方が好印象。知ったかぶりで「とにかくなんでもいいからボトルを入れればいいんでしょ」なんて見栄を張っても、そのお店のシステムなどによっては、別の飲み方の方が双方にメリットがある場合も。女の子にも「素直に聞いてくれて可愛いな」「私のこと応援してくれてるんだ」と良い印象を持ってもらえます。

ただし、女の子のリクエストに応えたからといって「○○してあげたんだから○○して」と見返りを求めと、一気にモテ路線から脱落。

女の子たちは日々、いろんなタイプのお客さんを見てきています。ひたすら絡んでくる人、下ネタばかり言う人、ガツガツ口説いてくる人。そして見返りを求めてばかりくる人。

「女の子に喜んでもらえるなら、それだけで嬉しい」と思えるような心の余裕のある人は、それだけで特別に映ること間違いなし。「モテ」に一気に近づくチャンスなんです!
いかがでしたか?
「よくいるタイプのお客様」から「特別なお客様」へのステップアップは、飲み方と振る舞い方で差をつけるのがポイント。ぜひ女の子たちにモテモテのお客様を目指してくださいね!